女医

最新の手法を取り入れている助産院で出産に挑もう

自分らしい出産をするには

ウーマン

妊婦本位の出産のために

最近は産婦人科主導の出産よりも自然本位の出産を希望する妊婦さんが増えています。自分らしい出産ができると最近人気を集めているのが助産院での出産です。助産院とは助産師の資格を持つ人が10床未満のベッド数で入院と分娩が可能な施設を持って開業しているところです。助産師が出産のサポート及び保健指導をしてくれ、施設も家庭的な雰囲気で分娩台ではなく布団での出産や、場合によっては自宅での出産もサポートしてくれます。但し助産師は医療処置はできませんので、医療処置が必要な場合は提携している産婦人科医により行われます。助産院での出産を希望する場合は、助産院の長所と短所を理解してから選択する工夫が必要です。医療処置のサポートも完備して出産の希望を可能な限りサポートしてくれる助産院を選ぶと良いでしょう。

自然な出産の人気の理由

自分らしい自然な出産ができるということで助産院は人気がありますが、他にも色々なメリットがあることもその理由です。まず病院では許可されない低年齢の兄弟の立ち会いが可能なことです。家族全員揃って幼い子どもたちにも生命の誕生の瞬間に立ち会えるのが助産院ならではの人気の理由です。次に自由な体勢で出産できるところも人気です。先程も紹介しましたが病院では分娩台での出産が一般的です。分娩台に抵抗がある人は助産院での自由な体勢での出産を希望されます。布団の上で四つん這いになったり、寝ころんで産むことも可能です。適宜助産師が立ち会って出産指導してくれるため安心です。また助産師さんのサポートも非常に家庭的で妊娠中から出産、産後の保健指導も一貫して行ってくれるため非常に心強いです。

女性の病気を治療する

病院

婦人科を受診する際には、女性医師のいるところを選ぶことが可能です。女性同士であれば、悩んでいる体の不調を話しやすいメリットがあります。大阪の病院では問診を受ける時間に限りがありますので、事前に知りたい内容についてまとめておくことが大切です。

Read More..

不妊の原因は男性にも

医師と男性

男性不妊には無精子症・乏精子症・精子無力症があり、原因には先天的なものと、病気や薬の副作用による後天的なものがあります。男性不妊は手術や投薬で治療できる場合があり、重症でも人工授精や顕微授精で妊娠が可能です。

Read More..

精子が居ない方の治療方法

ドクター

無精子症は男性不妊の原因で、2つのタイプが有ります精液が作られていても、精液と合流できない閉塞性無精子症がまず一つ目です。もう一つは精子の製造量に問題があって精液に混ざらない非閉塞性無精子症です。後者の場合は、精子がごく僅かであったり、見つからないこともありますが、現在は治療技術が発見されています。

Read More..