精子が居ない方の治療方法|最新の手法を取り入れている助産院で出産に挑もう
ドクター

最新の手法を取り入れている助産院で出産に挑もう

精子が居ない方の治療方法

ドクター

勃起不全や射精障害などともに、無精子症も男性不妊の原因の一つとなっています。射精することは可能でも、その精液中に精子が存在しない為に、子供を授かることが出来ません。勃起不全や射精障害と違って性交に問題は無いのですが、子供を授かるためには男性側の不妊治療が重要となります。無精子症のタイプは2つに分類できます。閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症になります。前者は精子が製造されていても、その精子が精液に合流するための通路が遮断されている状態となっています。この場合、存在する精子を活用するために、精子の通り道を形成する手術を行ったり、直接精子を取り出して体外受精などに用いると言う治療法が有ります。後者の場合は必要な分の精子自体が製造されていませんが、治療方法はあります。

非閉塞性無精子症は男性が必要な量の精子を作れないために、精液中に精子を含ませることが出来ません。全く作られていなこともありますが、作られていても、量が少なく精液中に混ざるとまでは行かないこともあります。原因としてはホルモン異常や、精巣自体の機能不全があります。ホルモン異常の場合は、まず、保険適用のホルモン製剤が試せます。ただ、現実的には精巣自体に問題がある場合が多いです。ただ、量的に問題はあっても、ごく僅かにでも精子が存在している場合は、精巣内の精子を探して採取していくという方法があります。全く精子がない場合であっても、精子になる前の細胞を採取し、授精に至る治療方法も発明されています。今後も一層の発展が期待されますね。